raspberry pi にswapを設定する

raspberry piはswapがないか、あってもちょっとだけです。これだと、Chinachuのビルドに失敗することが多いです。特にデスクトップありだと、余計にメモリを食ってるので、フリーズの確率が高くなります。

なので、swapファイルを導入して、メモリに余裕を持たせます。

<br />
#今の状況を確認する。<br />
sudo cat /proc/swaps</p>
<p>#swapファイルを作成する。<br />
sudo mkdir /var/swap/<br />
sudo dd if=/dev/zero of=/var/swap/swap0 bs=2M count=512<br />
sudo chmod 600 /var/swap/swap0</p>
<p>#swapファイルを登録する。<br />
sudo mkswap /var/swap/swap0</p>
<p>#swapを開始する。<br />
sudo swapon /var/swap/swap0</p>
<p>#swapを停止する。<br />
sudo swapoff /var/swap/swap0<br />
#再起動後も有効とする。<br />
sudo vi /etc/fstab<br />
/var/swap/swap0 swap swap defaults 0 0</p>
<p>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする