Blueetoothヘッドフォンを購入しました。

タグ

ノイズキャンセリングヘッドフォンが欲しくて、次の条件で候補を検索しました。

1.オーバーヘッド型

2.ノイズキャンセリング

3.Bluetooth

この条件で、候補に上がったのは、次の3つ。

1.SONY MDR-1000X

2.BOSE QuietComfort 35 wireless headhones

3.SENNHEISER PXC 550 WIRELESS

ヨドバシ梅田に3台並んで視聴できたこの3台ですが、値段もだいたい同じ。

比較すると、

値段:PXC 550 > MDR-1000X > QuietConfort 35

重さ:MDR-1000X > QuietConfort 35 > PXC 550

高級感:PXC 550 > MDR-1000X = QuietConfort 35

音質:MDR-1000X > QuietConfort 35 = PXC 550

ノイズキャンセリング:MDR-1000X > QuietConfort 35 > PXC 550

iPhone(AAC)対応:○ MDR-1000X  ○ QuietConfort 35  × PXC 550

ざっくりの感想では、

MDR-1000X:機能はダントツ一位。つけ心地はまあまあ。音質は対応するコーデックの多さとハイレゾで良い感じ。ノイズキャンセリング時の圧迫感とかホワイトノイズは少なめ。

QuietConfort 35:機能は少なめ。つけ心地は良い感じ。音質はドンシャリ。ノイズキャンセリング時の圧迫感はあるがホワイトノイズは無し。

PXC 550:機能は少なめ。つけ心地は最高。音質は普通。ノイズキャンセリング時の圧迫感とかホワイトノイズは少なめ、というかNC効果は少なめ。

この段階で、音質に惚れたMDR-1000Xか、つけ心地と高級感のPXC 550に絞り、QuietConfort 35は脱落。

ノイズキャンセリングについてはMDR-1000Xの方が効果が高いのですが、圧迫感やホワイトノイズの少なさはどちらも同じくらいなので、外からの音の侵入を多少我慢できれば、PXC 550でも問題ないレベルでした。ちなみに、QuietConfort 35のノイズキャンセリング性能は高いのですが、圧迫感が多い感じでした。

音質については、MDR-1000Xの圧勝。大きな差が出てしまったのは、おそらくiPhoneを使用した為だと思います。MDR-1000XはAACに対応しているのに対し、PXC 550は対応していません。MDR-1000Xでは、有線のヘッドフォンと同等の音質。PXC 550は今まで通りの無線ヘッドフォンの音質。iPhoneとMacbookをメインで使っている身としては、AACで接続できないのは割と大きな問題点です。

つけ心地は、PXC 550の方が良かったです。軽くてイヤーパッドも柔らかく、全体的な作りも高級感たっぷりで、値段が同じくらいのMDR-1000Xがおもちゃに感じるくらい。さすがの作りでした。

なので、音質のMDR-1000Xをとるか、つけ心地のPXC 550をとるかで暫く悩んだのですが、最終的には、静かなボーカル曲を聴いた時に店内のアナウンスが気になるか気にならないかで決め、MDR-1000Xを購入しました。どちらもアナウンスが聞こえるのですが、MDR-1000Xの方が遠くでアナウンスで聞こえる感じで、曲の邪魔をしない感じが決め手でした。

しかし、一昔前には考えられないくらい音質が向上していますね。暫くは慣らしですが、通勤でも使ってみようと思います。