ubuntuでMacの外付けHDDを読み書きする

Macの外付けHDD(Hfsplus+ジャーナルON)をUbuntuで読み書きする際の覚書です。

そのままUSBポートに接続すると、リードオンリーでマウントされますので、次のようにします。

パッケージを追加。

<br />
sudo apt-get install hfsprogs<br />

次に、USBで自動マウントさせて、フォルダやファイルのユーザー、グループを確認します。ここでは、uid=99, gid=99でした。
このuidやgidを調べず、chmodで変更するのもありですが、再度、Macで読み書きする際に、ユーザー等が異なると、2度手間なので、ここで、uidとgidを揃えておくのが良いと思います。

<br />
cd /mnt<br />
sudo mkdir DATA<br />
sudo chown yama:yama DATA<br />
sudo umount /media/yama/DATA<br />
sudo mount -t hfsplus -o force,rw,uid=99,gid=99 /dev/sda2 /mnt/DATA<br />

これで、uidが99の人で読み書き可能になっているはずなので、チェックします。

問題なければ、起動時にマウントされるように設定を行います。

<br />
sudo vi /etc/fstab<br />
-------<br />
/dev/sda2 /mnt/DATA/ hfsplus defaults,force,nofail,rw,noatime,uid=99,gid=99 0 0<br />
-------<br />
sudo mount -a<br />

運用中、不意に再起動とかで、roでマウントされてしまった場合は、fsckでチェックして、再マウントします。

<br />
sudo umount /mnt/DATA<br />
sudo fsck.hfsplus -f /dev/sda2<br />
sudo mount -a<br />

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする