Ubuntu+Rygelのインストール覚え書き

現在、メディアサーバーは、Macbook pro 13inch mid 2009 + Kodiで運用していましたが、Macbookの引退も視野に入れて、メディアサーバーの移行を検討してみました。

サーバーは安定性と汎用性を考慮してLinuxを候補に、手持ちの機材で借り運用を目指してみます。

DLNAサーバーは、簡単に設定できると噂の、Rygelを選択してみました。

rygel本体と設定画面の2つを入れます。

apt-get install rygel rygel-preferences

これで、ログインすると本体が動作し、

システム→設定→ユーザー設定から、Rygel設定を起動、DLNAでメディアを共有をON。メディアのパスを登録すると、DLNAクライアントから読めるようになります。

しかし、これでは、ログインしないと起動しないので、サービスとして登録します。

Rygelのサイト(https://live.gnome.org/Rygel/)を参照し、systemdに登録します。まずは、/lib/systemd/system/rygel.service を作成します。

sudo vi /lib/systemd/system/rygel.service</p>
<p>[Unit]<br />
Description=Rygel DLNA server<br />
After=syslog.target</p>
<p>[Service]<br />
User=osx<br />
Group=osx<br />
ExecStart=/usr/bin/rygel</p>
<p>[Install]<br />
WantedBy=multi-user.target</p>
<p>

これを、systemdに登録します。

<br />
sudo systemctl enable rygel<br />
sudo systemctl start rygel<br />
sudo systemctl -t service |grep rygel<br />

これで、システム起動時に一緒に起動します。

なので、ユーザーの起動設定は、停止しておきます。

システム→設定→ユーザー設定から、自動起動するアプリを選択し、Rygelのチェックを外します。

ひとまずこれで、メディアサーバーは今まで通りに使用出来ました。嬉しい誤算としては、Macがサーバーでは、プレーヤー側で、濁点、半濁点が表示出来なかったですが、今回はバッチリです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする