pebble timeからgarmin vivoactive4へ。

たまにリセットしつつも動いてくれていたpebble timeですが、そろそろ飽きてきたので、次の候補を探していました。

色々考えたのですが、一番重要なのは、常時点灯。

これだけの条件で、apple watchやfitbit versa2が落ちてしまいました。。。
両者とも有機ELの綺麗なディスプレイを搭載して常時点灯を実現していますが、あれは、なんちゃって常時点灯なので、騙されないように。
常に光っているのは静止画面で、色々なコンテンツが文字盤にあったとしても、スリープに入った途端、時間だけになってしまいます。なので、自分が拘って選んだ文字盤が、殆どの時間で表示されず、なんらかの起動アクションを行わないと表示されないのです。

apple watchに至っては、文字盤がアップル謹製のものしかなく、自由に文字盤を選べない、作れない。となっていて、微妙に自由度が低いですね。。。
確かに、常時点灯で見たいのは時間だけであり、通知等は、通知タイミングで表示が再開されるんだから、問題ないっちゃないのですが、ちょっと気になるところでした。

さらに、怪しげな中華系や、電池持ちの悪いwear osを除くと、ガーミン一択に。
いや、PolarやSUUNTOもあるんですが、自分的にあまり馴染みがなかったのでパス。

ガーミンと決めて色々調べてみると、常時点灯の半透過型が主流で、丸型が殆ど。独自のシステムも、それなりに熟成が進んでいるだろうから、ある程度安心もできる。

そんな中で、どのモデルにしようかと調べて、候補を三つに。

まず、Instinct。
Gショック的なルックスが抜群にカッコいいですね。白黒ディスプレイも見やすく、電池持ちもダントツです。
ヨドバシでみましたが、実物も良い感じですね。
しかし、登山系の機能は使い道がなく、文字盤のカスタマイズの幅が小さいのが欠点に。

次に、ForAthlete245。
軽く、画面も見やすく、使い勝手は良さそう。これも、ヨドバシでみましたが、画面の表示も綺麗で良いです。
ただ、プラスチックな感じが安っぽく、ボタンの銀色も気になります。

そんな感じで、両者とも決め手に欠けていたのですが、ふと気になったのが、出たばっかりのvivoactive4。
見た目も、ベゼルがステンレス、本体がFRP。
音楽も聴けて、Payもできる。何かに特化していないが、だいたい何でもできそうな感じでした。
ちょっと大きめなのと、電池持ちが悪いのが気になりますが、まあ、許容範囲でしょう。

ヨドバシには、モックしか出てなかったですが、見た目と手触りが気に入りました。画面の表示は、完全丸型で十分に精細っぽい。
これに、マジックテープのスポーツバンドをつけたらつけた感じが良さそうな未来が見えたので、これに決定しました。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする